交際3ヶ月で結婚できる?IBJ婚活の3カ月、6カ月の成婚ルール&マナー

IBJ3カ月ルール

こんにちは。Peach & Marryのもてぎです。

結婚相談所では、婚活の時間を無駄にしないよう明確なルール&マナーが設けられています。
マッチングアプリなどの出会いでは何となくお付き合いを続けられますが、結婚相談所ではそうもいきません。

今回は、交際期間3カ月について、IBJ(日本相談所連盟)のルールをお伝えします。

目次

結婚相談所の3ヵ月ルール

IBJでは、3カ月の交際で成婚をすることを目指しています。最長で6カ月まで延長できますが、それ以上の場合は成婚とみなします。

3カ月ルールとは、お見合いの日を起点として、交際3カ月以内にお相手の方との「成婚」を決めましょうというルールです。成婚とは、プロポーズ成功後の婚約をさします。

”ルール上、結婚、婚約又はそれらと同等の成果(「結婚の口約束」「宿泊」「宿泊を伴う旅行」「婚前交渉」「同棲」「交際期間を延長し通算6ヵ月を経過した場合(交際期間は原則3ヵ月)」など)は「成婚」とみなします。”

IBJのお見合いマナー・ご契約書面

この3カ月ルールは、最長6カ月まで延ばせますが、それを過ぎた場合は成婚するとみなされますので、婚活中は【しっかり結婚に向き合って決断する】ことが大切になってきます。

実際3カ月で決められるのか

婚活を始める前は、「3カ月?早すぎません?」と驚きの声をいただきます。
確かに何も知らずに付き合って3カ月で結婚は短いと感じるかもしれませんが、これまで当相談所の会員様に3カ月ルールで決断できないと言われたことはありません。

実際にご成婚された会員様からは、

入会するときは、本当にそんな短期間で成婚が決められるのか不安がありました。

でも結婚した今では「ぜんぜん決められる!」と思います。
最初から聞きづらいこと(年収や子供の希望、親の同居など)はわかっているから、フィーリングを確かめればいいというのも大きいですね。

交際期間が決められていることで、相手にダラダラと待たされることもなく、自分も覚悟を決めやすかったので、3カ月ルールがあってよかったです。

という声をいただいています。

これまでの実績でご成婚された方の交際期間は、最短3週間~最長6カ月と様々ですが、お見合いの日から平均3カ月程度でご成婚されています。
IBJの全体では、平均4カ月というデータがありますのでご参考にされてください。

なぜ交際3カ月ルールは必要なのか

正直なところ、私も婚活カウンセラーを始める前は「なぜ3カ月なのか?」と疑問はありました。
ただこのルールは、上記の成婚者様の声にもある通り、婚活をされる会員様にとって、理にかなったものだと確信しています。

交際3カ月ルールが必要な理由

  • 判断の質をあげるため
  • 心の負担を軽くするため
  • 経済的な負担を軽くするため

判断の質をあげるため

人間は判断するとき、全く制約がない状態よりも、何か制約がある状態のほうが良い判断ができるそうです。
婚活でいうと、3カ月という制約があることで、時間がない分、お相手と話す内容に優先順位をつけて、結婚が決められるように意識的に交際ができるようになるでしょう。

時間が無限にあると、余計なことに悩みはじめ、理想が高くなり、合理的な判断ができにくくなる可能性があります。
しっかりと時間を決めて、大切なことを見極めていくことで、良い判断ができますからご安心ください。

心の負担を軽くするため

交際期間が長くなると、この人は私と結婚する気があるのだろうか?決断力のない人とこの先やっていけるのだろうか?など、相手に余計な不信感を抱いてしまう可能性があります。
またダラダラと付き合うと、別れ際に「私の時間を返して欲しい」と思うのが人の性です。相手がいなくなるショックよりも、自分が年齢を重ねてしまったことで、未来に対する不安や後悔の念が大きくなってしまいます。

3カ月ルールは最大6カ月と決められているので、一人の可能性にかけて何年も時間を無駄にすることはありません。
またIBJ婚活では、プレ交際のうちは複数人との同時交際がOKですから、この人がダメでも別の人と出会えるから大丈夫と、気持ち的にも余裕ができるので、心の負担も軽くなります。

経済的な負担を軽くするため

心の負担と同じですが、交際期間が長くなると、その分だけ出費もかさみます。
お見合いやデートにかけた時間・労力・お金の元をとりたいと、無理にがんばろうとすると、ストレスになってしまうので注意が必要です。

目安として「4回会えば結婚できそうな相手かわかる」と思います。期限を決めることで、成婚につながらないご縁を見極め、経済的な負担も軽くすることができます。

交際3カ月で成婚が判断できる理由

3カ月ルールの必要性はわかったけれど、どうしたら交際3カ月で結婚を決められるのか?
これまでの話もまとめながらご説明します。

交際3カ月で成婚を判断できる理由

  • 結婚前提の出会いだから
  • ほぼ毎週デートをしているから
  • 結婚へスムーズに話が進むから
  • カウンセラーの後押しがあるから
  • 占うから(当相談所の場合)

結婚前提の出会いだから

IBJ婚活は結婚前提の出会いです。
そのため、お見合い前のプロフィールの段階から、結婚に向けた情報を開示して会う会わないを考えていきます。例えば、理想の結婚像や年収、将来の仕事、お子さんの希望の有無など、初対面では聞きにくいことです。
結婚を前提とした話が最初からできると、親密度の深まり方も早く、3カ月で充分に結婚を決めていけます。

ほぼ毎週デートをしているから

IBJ婚活では、毎週デート、毎日連絡をとることを推奨しています。
プレ交際では2~3時間の食事デートを中心に、真剣交際になると半日~1日のデートです。頻繁に連絡をとり、会うことで、一緒にいることが当たり前の存在になっていくかどうか、気持ちを確かめることができます。
先に「4回会えばわかる」と言いましたが、3カ月も経てば12回は会っていますから、結婚につながる相手かどうかは判断できるようになってきます。

結婚へスムーズに話が進むから

IBJ婚活では、お見合いや交際に関するサポートだけでなく、結婚へ向けた具体的なサービスもしっかりしています。
例えばプロポーズ。それに向けて指輪の準備はどうする?親御さんへの挨拶は?など、自分ひとりではわからないことを、担当カウンセラーがアドバイスしたり、専門家が無料セミナーをしたり、サービスが充実しています。
他にも、結婚式やハネムーンの最新事情や相談・予約ができるサービスや、将来のお金に関する二人の設計をライフデザインで見える化するサービスもあり、結婚へスムーズに話を進めることができます。

カウンセラーの後押しがあるから

IBJ婚活では、必ずどこかの相談所に所属いただきますので、全員に仲人(カウンセラー、アドバイザー、担当者など呼び方は様々)がついています。
この「良き相談相手」がいることは、とても励みになりますし、的確なアドバイスが受けられると、決断の後押しにもなります。

またお互いの仲人同士が連携プレーで、縁談をまとめていくこともあります。例えば、告白をする前にお相手の温度感を合わせていけるようにしたり、プロポーズの際は女性に理想を聞いて、男性側の仲人に裏で伝えて作戦を立ててもらったりします。
この仲人の連携プレーは、マッチングアプリとの最大の違いかもしれません。ただし、放置プレーの相談所もありますので、相談所選びは大切です。

占うから(当相談所の場合)

これは当相談所の特徴の1つになりますが、相性を占うことで、自信をもって決断できるということがあります。
結婚という人生を大きく左右する決断においては、3カ月であろうがなかろうが、やっぱり不安です。
神社にいって神頼みをしたり、おみくじを引いたり、占いをしに中華街へ出かけたり…自分の背中を押す行動をされる方も多くいらっしゃいます。

当相談所では、占いし放題です。
算命学、四柱推命、数秘術、九星気学、タロットカード、手相など、様々な占いをアレンジしてお伝えしていきます。
良い占いは当てにいく!悪い占いは回避する!それがコツだと思います。

以上、結婚相談所の3カ月ルールについてお伝えしました。

特別な環境に身をおくからこそ目指せるスピード婚!
一歩踏み出せば、6カ月後には新婚生活というもの夢ではありません。

どうぞご相談にいらしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

目次